税理士と企業の社会的役割

税理士は企業にとって必要不可欠な存在であり、税務に関することをすべて任せられる頼もしい存在です。

企業の収める税金の負担を軽くするために知恵を出すのはもちろん、国や地方自治体への納税を円滑に促すことも行います。

徴収した税金は国や地方自治体の運営に使われることで、社会に還元されていきます。

税金を納める側にとっては、できるだけ税金の負担を軽くしたいとお考えの方も多いでしょう。

しかし税理士は適切な納税を促し、それらの税金を社会に還元させることも大きな仕事のひとつですので企業のパートナーとして上手く機能することでより社会に貢献することができます。

ここでは、税理士と企業の社会的役割についてご紹介していきます。

企業の社会貢献とは

企業は、提供するサービス、従業員の雇用、法人税の納付などをすることで、社会に貢献しています。

病院経営に例えるならば医療サービスの提供、医師や看護師の雇用、納税をすることです。

これらの3つの要素が適切に運用されるようにサポートするのも税理士の大事な仕事です。

法人税

法人税とは、事業年度における法人の所得に対して課税されるものです。

企業に課せられる税金であり、広い意味での所得税といっても良いでしょう。

法人税という税金を納税することで、社会に貢献することになります。また、その際の税務申告は顧問税理士が行うこととなります。このように税理士は納税に密接に関わっていますので企業にとっても社会にとっても重要な役割を担っています。

節税

税理士は顧客にとって最大限の利益をもたらす存在でなければなりません。

不要な税金を払わないよう適切な税金対策を考えている企業は多いでしょう。

しかし、納税額は抑えれば抑えるだけ良いというものではありません。

過度な節税や不正が行われた場合、企業へのペナルティはおろか、税理士自身の信用問題にまで発展します。ですから企業に対して、納税が適正に行われるように働きかけることが税理士の社会的役割ともいえます。

税理士と企業の社会的役割については以上になります。

良い税理士を顧問にすることで、企業にとって役立つことはもちろん社会にとっても役立つことになるのではないでしょうか。

当事務所は、ただ税務や会計業務を行うだけではなく、コミュニケーションを深めるなど人とのつながりを大切にしている、評判の事務所と自負しております。
税理士事務所の選び方でお困りならば、当事務におまかせください。社会の役に立つ企業を応援していきます。渋谷や新宿にて税理士事務所をお探しの企業はもちろん、相続税の問題など個人では難しいとお悩みの方もお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です