社長業は忙しい?

こんにちは。
税理士の鎌原です。

会社を経営するって忙しいですよね。
やることが次から次へとやってきます。

営業活動もしないといけませんし、お客様への対応もしないといけません。
従業員の教育もしないといけないし、採用もしているかもしれません。

さらに経理の事務や税金の支払の心配もやってくると思います。

こんなにやることがいっぱいあって忙しいのに思ったような収入が得られているとも限りません。

こんな時にどこから手を付けていいかわからなくなったりしませんか。

やっぱり営業が一番大事だと思って広告を出してみたり
他社との差別化を図るために新しい技術を身につけようとしてみたり。

でもちょっと待ってください。

あなたがやらなければならないと思っていることはあなたが得意にしていることですか。本当に情熱を傾けられることでしょうか。
そして、あなたしかできないことなのでしょうか。

それを得意としてやってくれる人は周りにいませんか。

あなたの限られた時間をあまり得意ではない情熱を持てないことに費やすのはあまりにもったいないと思いませんか。

そうであればまずやらなければならないと思っている事柄を紙に書きだしてみてください。

書きだしてみたら自分に問いかけてみてください。

本当に全部自分でやらなければならないことだろうか。

そして、最も自分が得意で情熱があり、このために仕事をしていると思えるものがあるなら、そこに集中すべきだと思います。

やることを増やすのは簡単ですが減らしていくのは大変です。
業務が忙しいと仕事に追われてしまって本当に大事な考える時間がほとんど取れなくなってしまうことが多いです。

でも考える時間を後回しにしてしまうといつまでたっても今の状況から抜け出すのは難しくなってしまいます。

何とか考える時間を作り出し、自分がやるべきことを絞ることができたら、
そこで目標を立てます。

そして目標までの間にある障害をはっきりさせ、何が足りないのか何ができていないのかを書き出します。
ここでこの障害をクリアするために、やみくもに始めると以前と同じ状態になってしまいますので、優先順位をつけて正しい順番にします。

こう考えるのです。これらを1/4の時間でやらなければならないとしたらどうするだろう。目標値が5倍大きかったらどうするだろう。

このように工夫して導き出した優先順位の高いことをまずはじめることが大事です。あなたしかできないことです。

最後に多くの人が苦労する見込み客のことについて触れたいと思います。

より簡単に見込み客を得たければ次の質問を自分に問いかけてみてください。

1.私の商品の販売を容易にするために見込み客は何を信じる必要があるだろうか。
2.私がオファーしている商品を見込み客が買わない理由は何だろうか。
3.なぜ私の見込み客は今買う必要があるのだろうか。

これらを真剣に考えれば改善するべき点が見えてくるはずです。

あなたのビジネスがもっともっと発展して社会が豊かになりますように。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です