会社設立における税理士・会計事務所の必要性

会社法の改正により、以前に比べて会社を設立する方が多くなりました。資本金が少額でも設立ができるので、比較的簡単に法人で起業することができます。

会社設立のサポートとして、会計事務所のアドバイスを受けてはどうでしょうか。

税理士・会計事務所のサポートが会社設立にどう役立つのかご紹介します。

開業における書類作成

起業のためには、多くの書類提出が必要になります。起業した直後が、経営者が最も忙しい時期であると言えます。日々の業務をこなしながら書類作成をし、必要資料も集めなければなりません。

税務に関することを税理士に任せることで、経営者は負担を軽くすることができます。

少しでも経費削減をしたいと考え、自分で書類作成をする方も少なくありません。しかし、書類に不備が発生してはさらに手間と時間がかかってしまいます。

時は金なり、といいますので専門家に手続きを依頼することで無駄な時間を削減することができます。

資金調達

資本金が少なくても起業できますが、会社を運営するための資金は必要になります。

どのように資金調達をしたら良いのか、どのようなサポートを行政から受けることができるのか、など分からないことは多いです。

税理士なら的確なアドバイスをすることが可能です。

帳簿チェック・税務処理

開業直後の慌ただしい時期は、会計処理が疎かになりがちです。

まとめて記帳しようと考えていると正確な記帳ができません。税務調査が行われる時に正しい帳簿がなければ社会的信用も落とすことになります。今後の経営を見通すためにも正確な記帳ができるようにしなければなりません。

また、法人税や消費税、所得税などの税務処理も一般の方には複雑です。税務処理を行うことは義務です。大きなペナルティが課されることもあるのできちんと把握をしておく必要があります。

帳簿チェックや税務処理も税理士と契約することで安心して行うことができます。

このように、税理士が会社設立に関わることによって様々な利点が挙げられます。
当事務所では記帳代行や税務相談、税務調査立会などのサービスも行っております。
渋谷や新宿で開業支援をお求めなら、当事務所にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です