クラウド請求書について

皆さんこんにちは。

税理士の鎌原です。

Misoca(みそか) というサービスをご存知でしょうか。

クラウドの請求書発行サービスです。

以前にクラウドの会計ソフトについてご紹介したのですが、クラウドの会計ソフトに非常に相性のいいサービスがクラウドの請求書です。

クラウドの会計ソフトは小規模な会社や個人事業者の事務負担軽減も大きなメリットの一つとして広まってきています。

小規模な会社や個人事業者にとって請求書の発行事務というのはかなり面倒ですが、経営に欠かせない非常に重要な仕事の一つだと思います。にもかかわらず、見積書の発行から請求書の作成まで、毎回エクセルなどで作って保存されているという方も多いのではないでしょうか。お客さんに言われて何度か作り直しているうちに最新のものがどれかわからなくなってしまうこともあるかもしれません。

私たち税理士や会計事務所にとっても会社や個人事業主の方から最終的に発行された請求書をきちんと整理することが正しい損益計算につながりますので、しっかりとした管理をお願いしているのですが、小規模な会社や個人事業主にとっては負担が大きいようです。

この煩雑な請求書業務をMisoca(みそか) 等のクラウド請求書を利用することで外出先からでも最新のデータにアクセスできますし、税理士や会計事務所との数字のやり取りも直接データにアクセスしてもらうことで不要になるので、効率化できると思います。

Misoca(みそか) の料金体系はシンプルで請求書を郵送で代わりに送ってもらう場合だけ料金がかかります。自分で印刷して郵送すればシステムは無料で利用できます。

Misoca(みそか) のほかに先日ご紹介したMFクラウド会計には直接仕訳が作成されるMFクラウド請求書という機能も備えているのでこちらを利用されてもいいかも知れません。

 一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です