税務署とは

国の成り立ちを考える時、そこで生活する人々と税金は切っても切り離せない関係性にあります。財政にも大きく関わる税金は、ほとんどの方が支払う義務があり、法律を根拠に徴収されています。

その起源は古代から存在しており、形容は変わっても継承され続け、国が成り立つ上で重要な役割を果たしています。所得税、法人税、消費税、地方税、贈与税、相続税などあらゆる箇所で税が発生し適用されます。

税務署とは国税庁の下部組織として、国税に関する業務を行っている国の行政機関です。こちらでは税務署についてご紹介します。

国税庁

財務省の外局として設置されている国税庁は、内国税の適正かつ公平な賦課及び徴収の実現、酒類業の健全な発達及び、税理士業務の適正な運営の確保を図ることを任務とする行政機関です。

外局とは日本の行政機関において、府省の下に置かれ、特殊な事務、独立性の強い事務を行うために設置された機関です。

税務署

国税庁の下部組織として、財務省設置法第二十四条の規定に基づき設置されている行政機関です。主に税制の企画、立案、執行に分けることができます。

また個人課税部門、法人課税部門、資産課税部門、管理徴収部門などがあり、規模によって置かれている部門の種類や数は異なりますが、指導と調査、相談などの業務を行っています。

税務調査

税務調査とは納税に関する一連の調査のことで、申告内容、帳簿などの確認により、納税義務が適正に果たされていない納税者に対して、虚偽の申告や不当に納税を免れている可能性などを調査します。調査対象の納税者は、KSKシステム(国税総合管理システム)を活用して、データベースに蓄積された所得税や法人税の申告内容や各種資料情報などを基に、業種、業態や事業規模などの観点を踏まえて選定されています。

税務調査の結果に不服がある場合には、納税者は修正申告を行わず不服申し立てを行う権利があります。

東京都千代田区に所在する当事務所は、税務調査立会いの対応依頼などをお承りしている税理士事務所です。税務申告、税務に関するご相談がございましたら是非ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です